ポーズは私たちの感情全てを噴出させる安全な場になる

「このポーズは、強靭さと素直さと、無防備ささえも同時に培います」
とフォールズは説明する。

「これらは、私たちの多くがあまり得意としないことです。私たちは、強いは頑固者で、素直は軟弱者であると思いがちですが、クリパルヨガの目的は、この意志の力と心の解放とのバランスなのです。私たちには、エネルギーを生み出す意志の力と、世界に影響を与える精神の力が必要です。しかしまた、人生におけるチャンスをありのままに見られるように感情に身を委ねることも必要なのです」

このポーズは、湧き上がってくるさまざまな感情、特に人生の豊かな表現を抑制しようとするやっかいな感情を探求するのに最適です、とフォールズは言う。

「戦士のポーズⅠであなたが引き出す強さはまた、怒り、不満、敵意などをもたらすことがあるかもしれません」
「このポーズで私たちはこれらのエネルギーを生み出し、自分たちでそれを完全に感じ取ることができます。私たちは感情や感覚の波に乗ることを学び、それによってポーズは私たちの感情全てを噴出させる安全な場になるのです」

クリパルヨガの戦士のポーズ

数あるアメリカンヨガの流派の中でもメジャーなビクラム、クンダリーニ、クリパルの3つは、クリシュナマチャリア師の流れを汲んではいない。
他の伝統的な流派とポーズ名と神話は共有しているものの、クリパルの戦士のポーズは1950年代にスワミ・クリパル師が練習中に天来の霊感によって授けられたものだという。

「私たちの伝統では、十分に深い瞑想状態に入れば、ハタヨガは完全な形で現れると考えます」とマサチューセッツ州ストックブリッジのクリパルヨガ・センターの上級ヨガ指導者であるリチャード・フォールズは語る。
「それがスワミ・クリパル師に起こったのです。38歳の時、彼の進化的なクンダリーニ・エネルギーが目覚め、彼の体は自然発生的にすべてのポーズを行ったのです」

スワミ・クリパル師がこの世界へ導き入れた戦士のポーズは、ひとつの主要なディテールにおいて異なる。
つまり、後ろ足のかかとが地面から離れているのだ。
しかし、これがもっとも重要なわけではない。

「ポーズは体を開き、自らの存在に目覚める為のツールだと私たちは考えています」とフォールズは言う。
「クリパルヨガで私たちがいつも尋ねる質問は、『このポーズはあなたに何をもたらしますか?』ということです」

答えは、もちろん個人的なもので、一人一人違う。
しかし、概して戦士のポーズⅠはある種の力を導き出す。

クリパルヨガのポーズ

タダーサナ(山のポーズ)で立つ。
両足を腰幅に広げたまま両手を腰の上に置き、息を吐きながら、右足を前方に大きく一歩踏み出す。
左のかかとを床から離す。

右膝を曲げ、腰を床に向かって沈める。
右膝はちょうど足首の真上にくるようにする(基盤が強固なポーズをつくるなら、必要に応じて左足を後ろにスライドする)。

左腰骨を前、右腰骨を後ろに回転させ、腰を前方にまっすぐ向ける。
引き上げている左足のかかとを押して、足の筋肉を引き締めて足をまっすぐに伸ばす。

息を吸って、両腕をサイドからすばやく頭上に引き上げ、肩幅で平行になるように離したまま、手のひらを内側に向ける。
胸骨を引き上げながら腰を床に向かって沈め、頭頂部を伸ばし、指先を天井に向けてまっすぐ押し上げる。
そのまままっすぐ前方を見つめる。

このポーズは体を開き、自らの存在に目覚めるためのツール。