集中力とチャレンジに向き合おうとする決意が問われるポーズ

戦士のポーズⅠ(ヴィーラバッドラーサナⅠ)は、集中力とチャレンジに向き合おうとする決意が問われる、力強い立位のポーズだ。
ポーズの完成形では、複数のことに同時に集中して取り組まなくてはいけない。

また、このポーズでは、体を逆方向に引っ張られるように感じられる、いくつかの動きを一度に行う必要がある。
つまり、床をしっかりと押しながらも体は引き上げ、後ろに伸びながらも前に押さなくてはならないのだ。
次々と戦いに挑んでいくように感じられることもあるが、この基本的なポーズを習得すると、素晴らしい効果が得られる。

まず、太腿の筋肉が鍛えられる。
そして、足と足首が伸ばされて鍛えられ、コアの筋肉が引き締まる。
さらに、腕を頭上に伸ばすことで強化され、胸が開いて肺が広がり、活力がみなぎるのが感じられる。

また、股関節と胸を開き、両手足を鍛えると、さまざまなバックベンドや逆転のポーズを行うための準備にもなる。

このポーズではさまざまな異なった動きをする為、練習の際には毎回ひとつの動きを選び、それに集中しよう。
多くの生徒にとって、もっとも難しいチャレンジの一つが、腰を圧迫せず、胴体を上の方へ伸ばしながら、前に出した足の膝を深く曲げておくことだ。

ここでは、骨盤の位置がカギになる。
もとから、股関節屈筋(太腿の前から骨盤へと走る複数の筋肉。この働きにより、広い歩幅でしっかりと歩くことができる)の柔軟性がとても高くなければ、前に出した足の膝を90度に曲げていく時に、腰が圧迫され、骨盤上部が前傾することが多い。

そうではなく、腸骨稜を引き上げ、骨盤をよりまっすぐ、あるいはニュートラルなポジションに持っていくようにしよう。
腸骨稜は、ウエストを両手で包み込むようにした時に下腹部の両脇で感じられるところにある。
膝を90度に完全に曲げておくよりも、膝を伸ばしながら、骨盤をこの位置に持っていくようにする方が大切だ。