低いランジの体勢で太ももの前面を伸ばす

低いランジの体勢で太ももの前面をしっかり伸ばし、骨盤をまっすぐに引き上げる練習をしよう。

まず、ダウンドッグから右足を前に出して両手の間におき、後ろの膝を床に置いたブランケットに下ろす。
前後のかかとが一直線上になるようにするか、バランスがとりやすいよう、両足を腰幅に開く。

手の指先をマットの上に付き、左太ももの前面の伸びを感じるまで体重を前にかけていく。
前の膝をかかとの上に戻す。
大腿骨を股関節のソケットに引き入れながら、前の足のかかとで床を押し、前の太腿を働かせる。

 

胴体をまっすぐ引き上げながら、両手を前の膝に置く。
手で太ももを押す力によって、腸骨稜の前面を引き上げる。
その時、伸びを感じる部分が、前の太腿の中央から股関節の前面にどのように移動していくのかを観察する。

腹筋を働かせ、腸骨稜をさらに引き上げ、尾骨を伸ばしながら下す。
その時、体重を少し後ろの足にかける。

 

もう一度体重を前の曲げた足にかける。
その時、前の大腿骨を後ろに引いたまま、体重を前方に移して行けるだろうか?

膝はかかとの上に来るようにする。
体重を前にかけてストレッチ↓状態と、腹部を引き上げて骨盤をまっすぐにしたポジションの間のバランスを探求しよう。

最後に息を深く吸い、胸を引き上げながら腕を頭の上の方に伸ばす。
ここで数回呼吸をし、反対側も練習する。